窓の防犯を考える

ガラス破り.JPG   鍵穴壊し.JPG

侵入手口で一番多いのは「ガラス破り」です。
バール・ドライバー等の道具を用いて、窓ガラスを破り鍵を開けて侵入します。
 

一戸建て住宅空き巣の侵入手段 

一戸建て 侵入手段.gif

                                 (出典 生活安全総務課手集計) 

中高層住宅(4階建て以上)及びその他の住宅

中高層住宅及びその他住宅 侵入手段.gif

                                 (出典 生活安全総務課手集計)

侵入をあきらめる時間.gif 

  ※ 破壊する侵入者に対して5分70%

     10分の間に壊されないようにすれば

     90%は侵入を諦めると考えられます。

 

 

 


 

ーガラス破りの侵入口ー

 

戸建て住宅の場合、一階からの侵入が89%を占めており、
その中でも、侵入口として最も狙われやすいのが「掃き出し窓」で、
次に「腰高窓」、「高窓」です。
つまり、このような場所に使用されているガラスの防犯性能を高める事が、
防犯対策上有効であるといえます。

 

 secuo1.jpg

 

侵入を防ぐにはカギの強化だけではなく、窓ガラスの対策が重要です!

 


 

◎マルカワのオススメ対

 

1. 窓ガラスを防犯ガラスに交換

強靭なプラスチック板や中間膜を挟みこんだ合わせガラスは、
高い防犯性能を持っています。
窓ガラスには、こうした防犯ガラスをご検討ください。

防犯ガラス  

『セキュオ』 日本板硝子

『ラミレックス』 セントラルガラス

『セキュレ』  旭硝子

 

2. 現在ある窓の室内側に、
  もうひとつ内窓
を取り付ける(二重窓)

ガラスも鍵も二重になることにより、不法侵入の遅延効果が得られます。

二重窓のガラスに防犯ガラスを選んで頂く事でさらに防犯性アップ!!一層効果的です。

※ 防犯性の高い「面格子」・「防犯用シャッター」、
  「補助鍵」や「雨戸」の取付工事なども泥棒の侵入を防ぐことに有効です。

 

 安心・安全に暮らすための防犯対策には

 総合的な配慮が大切です!